カナダ留学を大学院で行うには

カナダ留学の種類の1つとして大学院があります。

カナダ留学にはいくつかの種類がありますが、大学院による方法はその中でも最もハードルが高く、必要とされる条件に関しても難しい内容となっています。

カナダの大学院は、世界的に見てもトップスクールが数多くあることでも知られています。

minp!に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

特徴としては、大きく、専門性にあり、ほぼアメリカと同一システムとなる、コースワークを主体としたものと学術研究主体で進む研究コースの2つがあります。
また、在学中や卒業後においては最大で3年間の就労が認められることや、卒業後には永住権を得ることができるようになっています。

カナダ留学で大学院を希望する場合には、まず、高い英語力が求められることになります。

最低でも大学の授業が全て英語で理解できることが必要となります。

条件としては、学歴として大学を卒業している必要があり、この場合には日本を含め海外の大学でも可能となっています。



ただし、成績においては、例えば5段階評価としては平均3.3以上が必要となり、有名校においては4以上が目安となります。

申込期間としては、毎年9月入学が多いために、間に合うように願書の提出を行なう必要があります。大学院を留学先に選ぶ場合には、通常、語学留学からカレッジ留学、大学への編入を経て大学院への進学が一般的なプロセスになります。


日本の4年制大学から直接カナダの大学院に留学をしたい場合には、2~4年間カナダの大学への入学が必要となり、その理由としては、日本の単位取得システムでは入学に必要な単位として認めれていないことがあります。

利便性を重視したカナダ留学情報なら、こちらをご参考にしてください。

一部例外として、交換留学生や大学からの推薦等がありますが、非常にハードルが高いことを理解しておく必要があります。